芥川 龍之介 片山 廣子

芥川 龍之介 片山 廣子

芥川 龍之介 片山 廣子



片山 広子(片山 廣子、かたやま ひろこ、1878年(明治11年)2月10日 - 1957年(昭和32年)3月19日)は、日本の歌人、随筆家、アイルランド文学翻訳家(松村みね子名義)。

 · 芥川龍之介が死去したのは昭和2年(1927)7月24日。死後90年の節目にあたる2017年7月に、芥川の「最後の恋人」とひそかに語られている歌人、片山廣子を主人公とした小説を刊行いたします。14歳年上の上流夫人で、アイルランド文学翻訳者としても名を知られていた廣子と芥川の軽井沢での ...

芥川龍之介が「才力の上にも格闘出来る女」と敬慕した歌人・片山廣子。 今でも色褪せない感性を持つ廣子短歌の特徴と独自性を 歌集・随筆・翻訳・小説・書簡・周辺資料から究明した論考集。

片山廣子女史の文章は 率直で、時にユーモアも感じられ素晴らしいです。 「花屋の窓」は最も好きな随筆です。読んでいると、 学生服を着た芥川龍之介、その姿に思いを馳せる片山廣子、 またそれを違う時間から見る自分…。

『片山廣子 ~孤高の歌人~』(清部千鶴子 短歌新聞社 平成9年初版発行 平成12年3刷参照)p.55-56、p.63-64、p.164 『芥川龍之介(新潮日本文学アルバム)』(昭和58年初版発行 昭和58年2刷参照)p.20、p.75-77、p.81、 p.107-108 『堀 辰雄(新潮日本文学アルバム ...

 · 芥川龍之介宛片山廣子書簡 最近、高 志の国文学館 より送っていただいた「 高 志の国文学館紀要第1号」(2017.1.13)を見ていたら 、同館所蔵の芥川龍之介宛片山廣子書簡が翻刻紹介されていました(同館・綿引香織氏)。

片山廣子(村松みね子)別荘 この水車跡近くに、芥川龍之介の秘めたる恋の相手、かの「越し人」と目される歌人・片山廣子(広子)の別荘があります。 ここから聖パウロ教会方面とは逆に行くと、西洋人たちが”Organ Rocks”と呼んだ天狗岩が見える愛宕山 ...

芥川龍之介「最後の恋人」とひそかに語られる「文学夫人」の秘められた物語芥川龍之介が「才知の上にも格闘できる女に遭遇した」(「或阿呆の一生」)と書き、菊池寛が「最もすぐれた日本女性」とその才能を絶賛した片山廣子。芥川龍之介が死去したのは昭和2年(1927年)7月24日から90年 ...

細木 (さいき) 夫人は片山廣子(松村みね子)を、九鬼は芥川を、扁理は堀自身をモデルに して書かれたものだそうです。 前記の吉田精一著『日本近代詩鑑賞 大正篇』にも、「猶詩の背景をなすラヴ …

 · 芥川龍之介没後90年。その生涯に迫る。 1927年7月、日本を代表する文豪のひとりである芥川龍之介がこの世を去りました。『羅生門』や『鼻』などをはじめとする数々の作品を発表した芥川の素顔とはどのようなものだったのでしょうか。

芥川 龍之介 片山 廣子 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 片山 廣子

Read more about 芥川 龍之介 片山 廣子.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Guest

There is one art of which man should be master--the art of reflection.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu