芥川 龍之介 秋 考察

芥川 龍之介 秋 考察

芥川 龍之介 秋 考察



『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。

小澤:芥川龍之介「秋」を読む の痕跡である。 「秋」の俊吉と信子の関係を考察するにおいて 参考になるのは、二年前の塚本文との結婚の経緯 である。「婚約時代の文宛龍之介書簡には、龍之 介の女性観や結婚観が率直に吐露されており注目

『秋/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。姉妹は同じ人を好きになってしまった。姉は妹の幸せを思い身を引いた。しかし人を好きな想いは簡単には捨てられず。そんな姉の態度が妹を苦しめてしまう。ポリアモリー的関係目指してみる?

芥川龍之介「秋」 【初出情報】 初出:「中央公論」大正九年四月 単行本:「夜来の花」新潮社 大正十年三月 【作者について】 明治二十五年(一歳) 東京市京橋区入船町八丁目一番地に、牛乳販売業耕牧舎を営む新原敏三・ふくの長男として、三月一日生まれた。

 · 「秋」は、姉妹と従兄の三角関係の物語。三角関係といっても、お互いに行動どころか、言葉にも出さず、ほとんど心の動きによるものです。これは今の時代に「三角関係」といえるのか?とも思いました。この物語は、ほとんど心の動きで書き上げられているように思います。

芥川龍之介『鼻』の解説と考察|なぜお坊さんは鼻がコンプレックスなのか? 2019年3月9日 禅智内供 の鼻と言えば、 池 の 尾 で知らない者はない。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 秋 考察 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 秋 考察

Read more about 芥川 龍之介 秋 考察.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu