若水 島崎 藤村

若水 島崎 藤村

若水 島崎 藤村



「若水」 島崎 藤村 この「若水」は、元日に汲む水というよりは、元々の意味である「春に 汲む水」を指しているようですね。こんこんと湧き出る泉から汲む水は、 生命力の源としての水でしょうか。

かの若水と身をなして 君と流れん花のかげ」 「若水」 宮城道雄作曲 島崎藤村作歌 新年最初に汲む水を若水といいます 今年も県民の森の青麻神社に若水をいただきに行きました 冷たくて新鮮でほんのり甘い若水は 新年を迎えた心に潤いをくださいます

TOPへ戻る

島崎藤村は「若水」という次の詩を作り、『若菜集』に収めています。 くめどつきせぬ わかみづを きみとくままし このいづみ かわきもしらぬ わかみづを きみとのままし このいづみ

底本:「藤村詩集」新潮文庫、新潮社 1968(昭和43)年2月10日発行 1997(平成9)年10月15日55刷 ※ルビの一部を新仮名遣いとする扱いは、底本通りにしました。 入力:佐野女子高等学校2-1(h11) 校正:門田裕志、小林繁雄 2005年5月8日作成

若水 島崎藤村「若菜集」より いやいや、皆さん、新年明けましておめでとうございます! 新春ですな! 飲んでますか?食ってますか? それと、元気ですか~‼

若水 島崎 藤村 ⭐ LINK ✅ 若水 島崎 藤村

Read more about 若水 島崎 藤村.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.

Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Calendar
MoTuWeThFrStSu