荒野 より 三島 由紀夫

荒野 より 三島 由紀夫

荒野 より 三島 由紀夫



『荒野より』(こうやより)は、三島由紀夫の短編小説。41歳の三島が実際に遭遇した小事件を題材にした作品で、三島としては珍しい私小説的な心境小説である 。ある日の早朝、突然2階の窓ガラスを割って闖入して来た熱狂的ファンの青年と対峙した〈私〉が、小説家としての自分が読者に及ぼす影響と、〈あいつ〉がやって来た〈私〉の心の内的観念世界の孤独を対比的に綴っている 。

『荒野より』は、三島が

Amazonで三島 由紀夫の荒野より - 新装版 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。三島 由紀夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また荒野より - 新装版 (中公文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

Amazonで三島 由紀夫の荒野より (中公文庫 A 12-3)。アマゾンならポイント還元本が多数。三島 由紀夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また荒野より (中公文庫 A 12-3)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 荒野より - 三島由紀夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

三島由紀夫[ミシマユキオ] 1925(大正14)年東京に生まれる。本名、平岡公威。学習院高等科を経て東京帝国大学法律学科を卒業。在学中の44(昭和19)年に処女創作集『花ざかりの森』を刊行。戦後47年に大蔵省に入り翌年退官。

荒野より (小説) 荒野より (小説)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動荒野より作者三島由紀夫国 日本言語日本語ジャンル短編小説発表形態雑誌掲載初出『群像』1966年10月号刊行中央公論社 1967年3月6日 ウィキポータル 文学テンプレート...

荒野 より 三島 由紀夫 ⭐ LINK ✅ 荒野 より 三島 由紀夫

Read more about 荒野 より 三島 由紀夫.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.
Guest

The more you say, the less people remember.

Guest
Years wrinkle the skin, but lack of enthusiasm wrinkles the soul.
Calendar
MoTuWeThFrStSu