蜜柑 芥川 龍之介 感想

蜜柑 芥川 龍之介 感想

蜜柑 芥川 龍之介 感想



芥川 竜之介『蜜柑 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約134件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

芥川龍之介『蜜柑』の感想、分析、主題. 何でしょう、娘を田舎娘として見る主人公(芥川龍之介)の視線はちょっと嫌味なやつくらいの感じがしますが、よほど彼も疲れ切っていたのでしょうね。

汽車の外、3人の子供が叫ぶ暮色の空に、窓から飛び出した蜜柑の色が輝く。それはまるで太陽のようであった。霜焼けした手に三等切符を握り締めた少女はしっかりと風呂敷を抱えて座っていた。これは芥川龍之介の短編、蜜柑のワンシーンである。実際にはもっと

芥川龍之介は短編ばかりを残している。高校生の頃に長編小説『河童』を読んで、読書って危うい行為なのだなと感じた覚えがある。人間の主人公が河童の国に迷いこむという物語なのだけど、なんだか恐ろしかった記憶がある。でも他の作品は内容すら忘れてしまったがこの作品は覚えていた ...

芥川龍之介の『蜜柑』読書感想文 短い作品の中に、濃厚なまでに作者の観察眼と感性が書かれていた。 あらすじは、全く取るに足りない、汽車内で、その向かいに同席したちょっと下品に思えた少女を、作者がウオッチング(watching)したものである。

蜜柑 芥川 龍之介 感想 ⭐ LINK ✅ 蜜柑 芥川 龍之介 感想

Read more about 蜜柑 芥川 龍之介 感想.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
You make more friends by being interested in them than by trying to get them interested in you.
Guest

The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.

Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Calendar
MoTuWeThFrStSu