谷崎 潤一郎 主義

谷崎 潤一郎 主義

谷崎 潤一郎 主義



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

底本:「潤一郎ラビリンス ――初期短編集」中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日初版発行 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第二巻」中央公論社 1981(昭和56)年6月25日 初出:「大阪毎日新聞」 1913(大正2)年1月

耽美主義の流れは日本の知識人や文化人、芸術家にも影響を与えた。 谷崎潤一郎 は、著名な日本の耽美主義の小説家である。 また、 三島由紀夫 も耽美派に含まれる場合がある。

確かに、谷崎作品には、この傾向が色濃く出ているので、彼はしばしば悪魔主義者だと評されました。 しかし、谷崎の書いたものがたまたまその傾向と被っていただけということも考えられるので、谷崎を悪魔主義者と決めつけることには疑問を感じます。

谷崎潤一郎家系図 「伝記 谷崎潤一郎」では谷崎家のことについて「祖父の久右衛門は、谷崎家の繁栄を一代で築き上げた「偉いお祖父さん」であった。」と書いていますし、潤一郎の『幼少時代』では「祖父はもと深川の小名木川べりの釜屋堀(現、江東区大島一丁目)の、釜を製造する釜六 ...

 · 2018.09.11 作家や偉人のエピソード. 谷崎潤一郎の経歴と性格はどんな人?生い立ちとエピソードが面白い! 芸術的な文章から現在でも評価の高い“耽美主義”の文豪、「谷崎潤一郎」。 最近は漫画やゲームでも登場していますし、彼の名前を知っている方は多いのではないでしょうか。

 · 谷崎潤一郎という小説家をご存知ですか? 近代日本文学を代表する作家の一人であり、今日のミステリーやサスペンスというジャンルの先駆者としても知られています。 そんな谷崎潤一郎とは、一体どんな人だったのでしょうか。 今回は、 …

谷崎 潤一郎 出版日 2010-09-17 この『幇間』は主人公がマゾヒズムという性癖に目覚める濃い内容の作品ですが、小説の冒頭部分は谷崎の自然主義文学ともいえる、ありのままの下町の風景描写から始まり …

耽美派の第一人者・谷崎潤一郎の作品は、美を追求した、妖しく艶かしい浪漫の世界。非現実的な美しい文章で書かれていますが、その作品は変態的な性的嗜好が描かれているものが多いのです。では、なぜ今も多くの人から愛されているのでしょうか。

谷崎潤一郎の一愛読者です。 文学史の教科書や谷崎の概説書を読むと、確かに「悪魔主義」などと記されてはいますが、もし、質問者さんが谷崎文学の神髄を正確に理解したい、その本質を誤たず掴みたいと願うなら、あまり類型的、範疇論的な分類はお勧めできません。

谷崎 潤一郎 主義 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 主義

Read more about 谷崎 潤一郎 主義.

4
5
6

Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

Nature is the art of God.

Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Calendar
MoTuWeThFrStSu