谷崎 潤一郎 少年 初出

谷崎 潤一郎 少年 初出

谷崎 潤一郎 少年 初出



底本:「潤一郎ラビリンス ――初期短編集」中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日初版発行 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第一巻」中央公論社 1981(昭和56)年5月25日 初出:「スバル」 1911(明治44)年6月号

少年: 作品名読み: しょうねん: 著者名: 谷崎 潤一郎 [ファイルのダウンロード|いますぐxhtml版で読む] 作品データ. 分類: ndc 913: 初出: ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。. 1911年(明治44年)11月、『中央公論』に掲載された 。 初収録は同年12月に籾山書店より刊行の『刺青』

『刺青』(しせい)は、谷崎潤一郎の短編小説。谷崎本人が処女作だとしている短編で 、皮膚や足に対するフェティシズムと、それに溺れる男の性的倒錯など、その後の谷崎作品に共通するモチーフが見られる初期の作品である 。 1910年(明治43年)11月、同人誌の第二次『新思潮』第3号に掲載 ...

「彷徨」「少年 ... 谷崎作品には、初出時と単行本とで、本文に異同の見られる場合がある。 ... 永栄啓伸『谷崎潤一郎 資料と動向』教育出版センター、1984[年譜] 『シンポジウム日本文学16 谷崎潤一郎』学生 …

参考文献. 谷崎潤一郎 『春琴抄』(改版) 新潮文庫、1987年12月。 isbn 978-4-10-100504-1。 初版1951年1月 笠原伸夫編 『新潮日本文学アルバム7 谷崎潤一郎』 新潮社、1985年1月。 isbn 978-4-10-620607-8。 『文藝別冊 谷崎潤一郎――没後五十年、文学の奇蹟』 河出書房新社〈kawade夢ムック〉 …

谷崎潤一郎「少年」、『刺青・秘密』、新潮社、2011年。 「少年」は、 30 歳くらいになった主人公栄ちゃんが子供時代の特異な思い出を語る短篇だ。

谷崎潤一郎の衣鉢を継ぎ、マゾヒズム、異常性愛などを主題とする。また『谷崎文学と肯定の欲望』(1976)で読売文学賞を受賞するなど谷崎の読み手としても知られ、『谷崎文学の愉しみ』などの評論を書き継ぐほか谷崎潤一郎賞選考委員を務めた経験もある。

→作業中 作家別作品一覧:谷崎 潤一郎. 青い花 (旧字旧仮名、作品id:58814) あくび (旧字旧仮名、作品id:58815) 羹 (旧字旧仮名、作品id:59995) 或る少年の怯れ (旧字旧仮名、作品id:58816) 倚松庵随筆序 (新字旧仮名、作品id:59683)

谷崎 潤一郎 少年 初出 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 少年 初出

Read more about 谷崎 潤一郎 少年 初出.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Guest

The right to do something does not mean that doing it is right.

Guest
Another reason you can't take it with you--it goes before you do.
Calendar
MoTuWeThFrStSu