谷崎 潤一郎 研究

谷崎 潤一郎 研究

谷崎 潤一郎 研究



優秀修士論文概要 (241)1070 う 本修士論文においては、谷崎潤一郎の大正期までの作品を主な考察対象 議 の文と学し的、基作盤品とかならっ読たみ思取想れのる再同検時討代を思試潮みとるのこ影と響を関目係的をと検す証るし。

2016年度をもって閉会した谷崎潤一郎研究会の公式hpを引き継いで設置。 谷崎潤一郎(1886-1965)および周辺の文学・文化に関する研究の情報提供を行う。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

研究科 専攻 博 士(文 学) 文博第 229 号 平成18年10月12日 学位規則第4条第1項該当 東北大学大学院文学研究科 (博士課程後期3年の課程) 文化科学専攻 学位論文題目 谷崎潤一郎研究 論文審査委員 (主査) 教授佐藤伸宏 教授仁平道明 助教授佐倉由泰 助教授片岡 龍

主な研究テーマ・活動 谷崎潤一郎 芥川龍之介 菊池寛 日本文学におけるクローチェ受容 研究についてのpr 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目) 日本近代文学の作品、作家に関する講演・授業 研究業績(論文・解説)

谷崎潤一郎研究 : 『吉野葛』という〈歴史小説〉 坂西 紀美 日本文學 (90), 53-66, 1998-09-30

谷崎潤一郎「秘密」論--<優位>と<哀切> 小林 幸夫 上智大学国文学科紀要 (21), 21-36, 2004-03

分析と実証――谷崎潤一郎の中国への眼差し 耽美派の旗手谷崎潤一郎は、生涯唯一の外遊として、大正期に二度ほど中国を訪れたことがある。 大正七年(一九一八)の一回目の大陸漫遊と相前後して、彼はいわゆる「支那趣味」の小説や随筆類を精力的に ...

国立劇場邦楽公演「谷崎潤一郎没後五十年 文豪の聴いた音楽」(12月19日)に先立ち、あぜくらの夕べ「谷崎潤一郎と古典芸能」を開催しました。谷崎潤一郎研究の第一人者である早稲田大学教授の千葉俊二氏をお招きし、谷崎潤一郎の人と文学、古典芸能 ...

 · 千葉 俊二(ちば しゅんじ、1947年12月 - )は日本近代文学の研究者。 早稲田大学教育学部名誉教授。主として谷崎潤一郎を研究。 お笑い芸人の小島よしお、作家の綿矢りさ 、写真家のシトウレイ、漫画家水沢めぐみは千葉ゼミに所属していた

谷崎 潤一郎 研究 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 研究

Read more about 谷崎 潤一郎 研究.

2
3
4

Comments:
Guest
The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.
Guest

If you don't know where you are going, any road will get you there.

Guest
A good rule to follow is to do unto others as though you were the others
Calendar
MoTuWeThFrStSu