谷崎 潤一郎 逸話

谷崎 潤一郎 逸話

谷崎 潤一郎 逸話



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

 · 2018.09.11 作家や偉人のエピソード. 谷崎潤一郎の経歴と性格はどんな人?生い立ちとエピソードが面白い! 芸術的な文章から現在でも評価の高い“耽美主義”の文豪、「谷崎潤一郎」。 最近は漫画やゲームでも登場していますし、彼の名前を知っている方は多いのではないでしょうか。

1921年(大正10年)谷崎35歳のとき、事件は起こりました。先ほど述べた通り、最初の婚約相手は千代さんでしたが、次第に谷崎は貞淑で従順な彼女との生活に飽きてしまいます。そんな中、気を引いたのが千代の妹さんの妹のせい子さんでした。

~谷崎潤一郎・佐藤春夫・永井荷風・江戸川乱歩・森鴎外~ 第五章 菊池寛を取り巻くちょっとおかしな文豪たち ~菊池寛・直木三十五・川端康成・横光利一・梶井基次郎~ 出典:進士素丸『文豪どうかしてる逸話 …

文豪の恋文とは実に興味深いものです。谷崎の場合を覗いてみましょう。小田原・細君譲渡事件の後、二人目の妻丁未子さんにはこのような手紙を送りました。「私の芸術は実はあなたの芸術であり、私の書くものはあなたの生命から流れ出たもので、私は単なる書記生に過ぎない。

分析と実証――谷崎潤一郎の中国への眼差し 耽美派の旗手谷崎潤一郎は、生涯唯一の外遊として、大正期に二度ほど中国を訪れたことがある。 大正七年(一九一八)の一回目の大陸漫遊と相前後して、彼はいわゆる「支那趣味」の小説や随筆類を精力的に ...

谷崎潤一郎先生のアレヤコレヤな逸話の1つに、女装癖、があります。 女の格好で街を歩いたりしてたと言われています。 元々が美丈夫だったのでしょう。夫人が後年、意外とバレず、似合っていたとも仰ってます。 また、すんごい足フェチだった事や、夫人の事を女主人として崇めていたと ...

谷崎潤一郎とはどんな人物だったのでしょうか?何かエピソードがあったら教えてください。 (1)関東大震災を経験したせいで地震が大きらいだった。関西に移住したのも半ばはそのため。(2)非常な美食家で …

最終更新:2017年12月6日 1964年のノーベル文学賞に「日本人作家」4人が同時に候補に挙がり、最も受賞に近い位置まで残ったのは谷崎潤一郎だったという事実が2日に開示されたスウェーデン・アカデミーの議事録から明らかになりました。 この年は世界の76人の作家が候補になり、日本からは谷崎 ...

昭和の文豪・谷崎潤一郎といえば、妻やその姉妹をはじめとする美女に囲まれて過ごし、彼女たちをモデルに小説を執筆したことでも有名な人物。生涯で3度結婚しており、『痴人の愛』のモデルになった最 …

谷崎 潤一郎 逸話 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 逸話

Read more about 谷崎 潤一郎 逸話.

6
7
8

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
One of the advantages of being disorderly is that you are constantly making new discoveries.
Calendar
MoTuWeThFrStSu