遠藤 周作 クリスチャン

遠藤 周作 クリスチャン

遠藤 周作 クリスチャン



遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

 · 今年は遠藤周作没後20年、そして『沈黙』刊行から50年という年であり、長崎ではシンポジウムも開催された。それを記念して出版された本書には ...

遠藤周作さんは「日本人とは何か」を書き続けた作家です。ご自身がクリスチャンであることからキリスト教作家とのイメージが強いですが、その作品はどれも、日本人は何を愛し、何に悩み、何に救いを求めてきたのかを描いています。

遠藤周作をクリスチャンじゃないという意味には. それ以上のものが含まれていたので、 いつかいつかと思いつつ読んでいませんでした。 でも友人が、 クリスチャンとして私がぶち当たっている壁を打開するヒントになるだろうと、

遠藤周作の「沈黙」という小説に、クリスチャンが直面するジレンマが描かれています。島原の乱後の江戸時代に日本を訪れたポルトガル人宣教師が、「お前が棄教するまで、他の棄教を約束したクリスチャン達の拷問を続ける」と日本の役人に脅されるのです。

遠藤 周作 クリスチャン ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 クリスチャン

Read more about 遠藤 周作 クリスチャン.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Calendar
MoTuWeThFrStSu